本編の「ネコと文学と猫ブンガク」のバックナンバー


by suziestefan

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
ほんのまくらクイズ
Books,本
映画、Cinema
未分類

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

フォロー中のブログ

野良猫写真blog
ギャラリー猫の憂鬱
他力本願!
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
ナチュラル&スローライフ
イーハトーボ
猫の一休建築士
気のむくままに・・・
猫花雑記
Serendipity日和
新・間違いだらけの猫カフェ選び
もの言う猫
Caramel 24 C...
憂き世忘れ
大橋みゆき  音楽の花束...
かめちゃんラブな日々
ネコと文学と猫ブンガク
シェークスピアの猫
ご褒美はかつお節で
ちゃたろうとゆきまま日記

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

映画記事バックナンバー
at 2016-09-17 17:33
本のまくら35
at 2016-09-17 17:25
本のまくら34
at 2016-09-17 17:16
文学記事過去ログ
at 2016-09-16 16:48
本のまくら33
at 2016-09-09 17:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

本のまくら11

次の作家と作品をア~オのまくらと組み合わせてください。
作家名 1 江戸川乱歩 2 岡本綺堂 3 高見順 4 米原万里 5 久坂葉子
作品名 A 「インテリゲンチア」 B 「誤訳と嘘、プロセスは同じ」 C 「金色の動物」 D 「箕輪心中」 E 「人間椅子」
ア 「 誦経が終わった。男は煙草の火を消した。喪服の人が列をなしていた。焼香のかすかなかおりがたゞよった。往来である。男は霊柩車に乗った。運転台は、機械と機械の間の狭い溝である。男は腰かけた。傍に、よれよれになった雑誌があった。」
b0358542_1441415.jpg




イ 「『ディクタフォン。……』   とつぶやいた。満岡久弥は自分がその口述録音器のディクタフォンのような気がして仕方がない。夕顔の花みたいな形をした受話器が自分のどこかに、ぽつかりと開いている。」

ウ 「 佳子は、毎朝、夫の登庁を見送ってしまうと、それはいつも十時を過ぎるのだが、やっと自分のからだになって、洋館のほうの、夫と共用の書斎へ、とじこもるのが例になっていた。」

エ 「 お米と十吉とは南向きの縁に仲よく肩をならべて、なんにも言わずに碧い空をうっとりと見あげていた。 天明五年正月の門松ももう取られて、武家では具足びらき、町家では蔵びらきという十一日もきのうと過ぎた。」

オ 「 はるか遠い遠い昔、日本向けモスクワ放送を聴いていて、突然生真面目な女性アナウンサーの口から『ソレンシバサントウ』なる単語が頻繁に発せられるものだから首を傾げた。しばらくして『ソレンシバサントウ書記長ブレジネフ同志』と出てきて納得。」

尚、「誤訳と嘘、プロセスは同じ」は「ガセネッタ&シモネッタ」に収録されています。
b0358542_14415770.jpg

[PR]
by suziestefan | 2016-03-16 14:42 | ほんのまくらクイズ