本編の「ネコと文学と猫ブンガク」のバックナンバー


by suziestefan

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
ほんのまくらクイズ
Books,本
映画、Cinema
未分類

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

フォロー中のブログ

野良猫写真blog
ギャラリー猫の憂鬱
他力本願!
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
ナチュラル&スローライフ
イーハトーボ
猫の一休建築士
気のむくままに・・・
猫花雑記
Serendipity日和
新・間違いだらけの猫カフェ選び
もの言う猫
Caramel 24 C...
憂き世忘れ
大橋みゆき  音楽の花束...
かめちゃんラブな日々
ネコと文学と猫ブンガク
シェークスピアの猫
ご褒美はかつお節で
ちゃたろうとゆきまま日記

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

映画記事バックナンバー
at 2016-09-17 17:33
本のまくら35
at 2016-09-17 17:25
本のまくら34
at 2016-09-17 17:16
文学記事過去ログ
at 2016-09-16 16:48
本のまくら33
at 2016-09-09 17:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

本のまくら19

 下記のア~オの小説、随筆の冒頭部分(まくら)と、作家、作品名を組み合わせて下さい。
作家名  1 久生十蘭 2 三島由紀夫 3 井上ひさし 4 久坂葉子 5 松本清張
作品名  A 音楽 B ノンシャラン道中記 八人の小悪魔 C 愛撫 D 二階  E 組曲虐殺
ア  一九二九年の夏、大西洋に面した西仏蘭西の沿岸にある離れ小島に、二人の東洋人がやって来た。質朴な島の住人が、フランス語で挨拶して見たら、相応な挨拶をフランス語で返すので、これは多分フランス人なんだろうと決め込んで、以来、多少の皮膚の色の曖昧さや、少し黒すぎる髪の毛の色には頓着しないふうであった。
b0358542_1615171.jpg




イ  竹沢英二は二年近く療養所に居たが、病状は一向に快くならなかった。入所患者にすすめられ、俳句雑誌に投稿したりして、一時期、句作に熱中したこともあったが、近ごろはそれにも飽いてきた。恢復の希望が薄れてくると、療養生活には倦怠と絶望を感じるばかりである。

ウ 刊行者 序  汐見和順氏の『音楽』と題する、女性の冷感症の一症例に関する手記は、実名こそ伏せられておれ、全く事実に基づくものの由で、一医学徒としての氏の誠実な科学的探究心と、冷静な人間的反省とが、疑って一丸となった稀有の記録である。

エ  一 プロローグ「代用パン」  客席が暗くなると――舞台奥から中央へ、滑るように移動してきていたピアノで、ピアニストが短い前奏曲を弾いている。  やがて――六人の俳優が登場。手分けして「代用パン」を歌う。  全員  小林三ツ星堂パン店  小樽で一番のパン屋さん  甘いアンパン アンコでパンパン  とろとろとろける クリームパン

オ 山は晴れてゐた。私はコンクリートの坂道を、同じ歩調で少しもたゆむことなく登りつめた。高い石段があり大理石の玄関がいかめしく建ってをり黒い詰襟の学生達が芝生の上で話をしてゐた。

b0358542_16151358.jpg

[PR]
by suziestefan | 2016-03-21 16:15 | ほんのまくらクイズ