本編の「ネコと文学と猫ブンガク」のバックナンバー


by suziestefan

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
ほんのまくらクイズ
Books,本
映画、Cinema
未分類

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

フォロー中のブログ

野良猫写真blog
ギャラリー猫の憂鬱
他力本願!
ご機嫌元氣 猫の森公式ブログ
ナチュラル&スローライフ
イーハトーボ
猫の一休建築士
気のむくままに・・・
猫花雑記
Serendipity日和
新・間違いだらけの猫カフェ選び
もの言う猫
Caramel 24 C...
憂き世忘れ
大橋みゆき  音楽の花束...
かめちゃんラブな日々
ネコと文学と猫ブンガク
シェークスピアの猫
ご褒美はかつお節で
ちゃたろうとゆきまま日記

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

最新の記事

映画記事バックナンバー
at 2016-09-17 17:33
本のまくら35
at 2016-09-17 17:25
本のまくら34
at 2016-09-17 17:16
文学記事過去ログ
at 2016-09-16 16:48
本のまくら33
at 2016-09-09 17:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

猫
本・読書

画像一覧

本のまくら・井上ひさし

 「本のまくらクイズ」と題してBlogに掲載した作品を、作家別にまくら(小説や随筆の冒頭部分)を記述します。アイウエオ順で、今回は井上ひさしの作品から。
赤ん坊を背負った作曲家
「 このごろ物忘れがひどくてものがうまく思い出せない。たとえば漱石の『草枕』の冒頭の文章も、『山路を登りながら、かう考へた』は、どうにか出るが、それ以下が曖昧模糊としている。」
b0358542_1635207.jpg




NHKに下宿したはなし
「 NHK会館がまだ田村町にあったころ、そして、ぼくが放送作家のはしくれの、そのまたどん尻の、そのさらに末尾の、もうひとつびりにようやく連なったころ、一ヵ月間、NHKに下宿していたことがある。」
「 そのころ、ぼくはコーヒーを、月にすくなくとも二〇〇杯は飲んでいた。そのころというのは昭和三五年から数年間のことで、当時、コーヒーの値段は一杯六〇円前後。したがって、月に一万二〇〇〇円ばかりの金を、あの黒褐色の液体のために投じていたわけである。」
ザ・ドーナッツ、考査室と戦う その一
「 山本護久さんといえば、もうみなさんよく御存知のはずだと思うけれども、児童文学者出身の、現在もっとも売れている放送作家のひとり、とくに子ども番組のテレビ脚本家の第一人者である。」
b0358542_16341019.jpg

b0358542_16342356.jpg

b0358542_16343629.jpg

b0358542_16344894.jpg

Moon of Alabama

Nina Simone / Records


[PR]
by suziestefan | 2016-04-18 16:36 | ほんのまくらクイズ